五等分の花嫁、四葉の秘密

今、五等分の花嫁ってアニメやってますよね。あれ、漫画を読んでるんですけど、漫画では、色々と明らかになってきてます。

最初に、ちょっとだけキャラクター評価します。

まず、一花です。一花は、戦略家という感じですね。多分、拒否されるのが怖いんでしょうね。それは、誰もが怖いですし、ニノでも怖いと思う。ただ、現時点で最も勇気がないのは、一花だと思います。恋愛において、それが重要かどうかはわかりません。しかし、”勇気”が必要になる場面もあるでしょう。そのタイミング(チャンス)において、一花は不利だと思っています。

次に、二ノですが、最も高火力、ストレートなキャラです。強いです。現実で言えば、間違いなく勝利するのはニノなんだろなーという感じですね。ただ、これはファンタジーなので、どうなるかはわかりませんね。

次に、ミクです。あ、名前が漢字で統一されてないのは、単純に私が覚えていないからですね、あまり気にしないでください。さて、ミクは、影が薄いです。作中での役割的には、大人しく内気な女の子という感じでしょうか。秘めたる思いを持っている女の子という感じだと思います。時々、その思いが垣間見えるところが面白い。

次に、四葉です。元気で明るい子です。怒るところがあまり想像できないようなキャラですね。そのへんが特徴。影は、ミクに次いで薄いかもしれませんね。誰にでも優しいというのはそういうことです。

最後に、五月です。意外にも、積極的な行動タイプのキャラです。あと、昔の女?に変装していたのが彼女である事が判明しました(可能性として高い)。すごくがんばり屋さんであり、真面目です。ですが…成績があまり良くなさそうな感じしますね。あと、ドジっ子です。効率や要領がよくない、そんな感じです。

さて、1,2,3,5の秘密が徐々に明らかになってきている中、4、つまり、四葉の秘密だけあまりはっきりしてない感じです。それ以外の状況については、主人公を好きなのがはっきりしているのは、1,2,3です。この3人は只今、バトル中です。4と5だけは、まだ参加していないという感じです。で、秘密が明らかになっているのが、1,2,3,5です。あ、これは、さきほど言いましたか。ただ、4,5だけはそこまで明解ではないです。そこで、今回は、四葉についてなんか書くことにします。そもそも、私はこの5人の中では、四葉が最もお気に入りですし。

私が四葉を好きな理由は、単に「怒るところがあまり想像できないキャラ」だからです。単純ですね。

いつも怒ってる人といると疲れてしまいそうですし、漫画で読んでいても、あまり良い気分ではないので。逆に、四葉みたいなキャラは、見ていて面白いですし、楽しいです。それに、落ち着きます。

四葉も、おそらく、主人公が好きなんでしょう。この作品では、全員が主人公に恋をしているor恋をする、みたいな設定だと思います(なんだそのハーレム設定!)

ハーレム設定については、とりあえず脇に置いといて、四葉の秘密でしたね。

仮に、ハーレム設定が真なら、四葉は、主人公が好きなのに、他の子を応援していることになります。これはなぜでしょう。

思うに、四葉はこう考えてるのではないでしょうか。

「自分を好きになってもらわなくても、相手が幸せならそれでいい」

これが、四葉、自身であり、彼女はそういう人間なんだと思います。

根拠は、いくつか作中にも上がっていた気がします。読み返さないとはっきりしませんが。

ただ、四葉のこの考え方ってどうなんでしょうか。面白いですか、面白くないですか。

私は、面白くないなって思います。基本的にはですが。(面白くすることはできるとは思うけど、難しいかも)

なぜなら、基本的に、キャラクターというのは、ダメであればあるほど面白いんですよね。物語も面白くなるんです。

だから、恋愛において、四葉というキャラクターは、それほど面白くはないのかもしれません。それが私の四葉への正当な評価です。

また、世の中、色々な考え方があるようで、価値観によっては、四葉の「自分を好きになってもらわなくても、相手が幸せならそれでいい」という考えに対して、「あんたは、本気で人を好きになったことがないから、そんなことを言えるのよ!」とか批判されてしまいそうですね。特に、ニノあたりから。

私は、四葉の考え方、好きなんですけどね。しかし、人によっては、ムカつく考え方であることも確かだと思うので、それ以外、特に、言うことはありません。

以上、単なる個人感想でした。